頭頂部薄毛

女性のびまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症とは頭部の髪の毛全体のボリュームがなってしまう症状のことを言います。

 

特につむじ付近のボリュームや髪の毛の太さがなくなってしまうため、ヘアスタイルが決まりにくく、ぺったっとなる印象があります。

 

びまん性脱毛症は男女とも現れる可能性がありますが特に30代半ばを過ぎた女性に多く発症します。

 

びまん性脱毛症はなぜ起こる?

 

女性ホルモン分泌量の減少

 

年齢を重ねる事に女性ホルモン特に髪の毛と関係のあるエストロゲンが減少していきます。

 

25歳位をピークに35歳ぐらいからは急にその分泌量が減ってしまいます。

 

特に40歳以降は女性ホルモンの分泌量は半減してしまいます。

 

この頃になるとびまん性脱毛症を発症してる女性の数がとても多く見られます。

 

女性ホルモンの作用は妊娠をコントロールしたり、その他にも美肌を保ったり髪の毛の艶やハリコシ、ボリュームをキープする作用があります。

 

しかし女性ホルモンの分泌が減少すれば当然髪の毛の力は弱まります。

 

ハリコシがなくなり抜け毛を発症してしまったり、それらが原因でボリュームダウンにつながります。

 

この問題は加齢が原因なので放置していればどんどん髪の毛は薄くなっていく一方です。

 

その時に適切な対処をしていく必要があります。

 

びまん性脱毛症の解消方法とは?

 

それではどうすればびまん性脱毛症を改善できるのでしょうか?

 

びまん性脱毛症は男性の抜け毛薄毛とは違い改善の余地が非常に高い脱毛症ですですから諦めずに対策をしていきましょう。

 

びまん性脱毛症の原因は女性ホルモンの低下が主な原因となりますつまりこの女性ホルモンを安定化させることでびまん性脱毛症を防ぐことができます。

 

女性ホルモンの分泌を安定化

 

女性ホルモンは加齢によって減少してしまう生理的な問題です。

 

ですから体の中から自然に女性ホルモンを分泌させることは難しいです。

 

そのため外部から女性ホルモンの分子構造によく似たものを摂取する必要があります。

 

女性ホルモンの分子構造によく似た成分とは大豆からとれるイソフラボンなどが挙げられます。

 

ただしそのイソフラボンを多く食べてしまうと体に害になってしまうこともあります。

 

また相当量を摂取しなきゃいけないため、現実的ではありません。

 

ここでいう有効な対策というのは女性用育毛剤に含まれるエストロゲンを効率的に直接頭皮の毛穴から吸収させることです。

 

女性用育毛剤特に30代を過ぎた女性が使うと効果的な育毛剤はこちらが参考になります。30代女性に効果的な育毛剤

 

頭頂部の薄毛の原因男性型脱毛症

今男性型脱毛症で悩む人は全国で1200万人強とされています。

 

頭頂部の薄毛もほとんどが男性の場合男性型脱毛症が原因となっています。

 

初期症状として髪の毛のボリュームがなくなってきたら危険信号。

 

ゆっくり進行していき将来的に薄毛からハゲに変わっていきます。

 

頭頂部の薄毛の原因である男性型脱毛症は進行型の脱毛症です。

 

そのうち生え際まで到達する可能性は高いです。

 

男性型脱毛症とは

 

男性型脱毛症は男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼ酵素と結合しジヒドロテストステロンに変換され発症します。

 

男性ホルモンの中の遺伝子

 

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響が原因だと考えられています。

 

つまり隔世遺伝によって頭頂部の薄毛を発症します。

 

男性型脱毛症の遺伝子は母方の祖父らから受け継ぎ発症します。

 

母方の祖父による隔世遺伝

 

その根拠に40歳以前にハゲ始めた男性の家系の血液を分析するとX染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子に変異が目立ちそのせいで髪の毛が抜けやすくなったと専門家はみています。

 

男性のX染色体は母親から受け継ぐため母方の家系に薄毛の遺伝があればそれを引き受ける可能性が高いということです。

 

ただし決定的な証拠はないのであくまで仮定論です。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)が原因

 

男性型脱毛症のメカニズムはすでに確立されておりジヒドロテストステロンが薄毛の原因となります。

 

特にこのホルモンは通常のテストステロンの10倍の力をもち、男性だと頭頂部や生え際に影響します。

 

ジヒドロテストステロン自体は誰にでも存在しますがそのホルモンに薄毛遺伝子が加わっていることで薄毛を発症します。

 

このように男性型脱毛症は全員が発症するわけではありませんが、しかし発症する人は日本人男性の4人に一人と大変可能性の高いものになっています。