頭頂部薄毛

男性の頭頂部の薄毛対策方法

頭頂部の薄毛は生活習慣の乱れにからくるものやまた男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンからくるものが多いです。

 

その中でも生活習慣は暴飲暴食や不規則な生活、睡眠不足など と悪玉男性ホルモンが結合発症してしまう可能性があります 。

 

頭頂部の薄毛・はげが少しでも気になる方はぜひ、早目の対策を取って髪をいたわりましょう。

 

男性の頭頂部の薄毛対策方法

 

既に頭頂部の薄毛に悩まされてる人やこれから薄くなってしまうのではと不安に抱えてる人そういった人たちがこれから具体的に何をすればいいのか?

 

ということを今回は説明していきます 。

 

1 生活習慣を見直す

 

頭頂部の薄毛は生活習慣の乱れからくるものが多くあります。

 

もう少し詳しくいうと遺伝による薄毛の原因である男性型脱毛症の原因、悪玉男性ホルモンとそれら悪い生活習慣が関係し頭頂部の薄毛を発症します。

 

遺伝である悪玉男性ホルモンを改善するには医療機関などの治療が必要ですが、生活習慣は個人でも改善が可能です。

 

ですからここでは生活習慣の見直しについて説明します。

 

主に気を付けるのは次のようなことです。

 

食生活

 

食べ物は直接栄養素を体からとりこむため髪の毛と直結します。

 

なぜならば髪の毛は頭皮にある毛細血管の血液から栄養素を取り込み成長します。

 

栄養素が偏ることで不健康な髪の毛になります。

 

睡眠

 

睡眠中は髪の毛が最も細胞分裂を繰り返す時間帯です。

 

また成長ホルモンや甲状腺ホルモンなどが分泌し日中よりも髪の毛が成長します。

 

睡眠不足は髪の毛の成長の妨げになってしまいます。

 

頭皮ケア

 

主にシャンプーですが自分に合ったシャンプーを使うべきです。

 

成分が強すぎたりまた頭皮に合っていないことで頭皮環境が乱れてしまい抜け毛の原因となります。

 

特に頭頂部付近にあるつむじはこの影響を受けやすいです。

 

また一日に何度もシャンプーすることはお勧めできません。シャンプーは夜の一回だけです。

 

喫煙、飲酒

 

喫煙によってビタミンcを消費してしまいます。

 

ビタミンcは新陳代謝を助けたり血管の強度に貢献します。

 

また大量のお酒もあまりよくありません。

 

肝臓が悪くなると必要な栄養分以外にも肝臓で代謝できなかった有害な栄養素が頭皮に運ばれる可能性があります。

 

この二つは体の健康にも害なので髪に良いはずがありません。

 

2 ストレス

 

ストレスは自律神経を乱してしまい血行を悪くしてしまいます。

 

そのため髪の毛の成長に害が出てしまいます。できるだけ健康的なストレス発散を心がけてください。

 

健康的なストレス発散とは運動などです。

 

3 運動不足

 

運動不足は新陳代謝を低下させるばかりか寝ているときの成長ホルモンの分泌量も減ってしまいます。

 

また運動不足が原因で肥満体になってしまうと脂肪が皮脂の原料となり過剰分泌の原因となってしまいます。

 

皮脂の過剰分泌は毛穴を押さえつけてしまい髪の毛の衰退を促してしまいます。

 

4 頭皮硬化を防ぐ

 

頭皮が硬くなると十分に血液から栄養を吸収できなくなります。

 

また髪の毛の固着率も悪くなるため頭皮マッサージなどで頭皮を柔らかくなるようにマッサージしてあげましょう。

 

 

5 専門医に相談する

 

金額がかかりますが専門医に相談するという手もあります。

 

具体的な治療方法が提案され施術していきます。

 

民間療法よりも早く改善できる可能性がありあます。

 

そのかわり費用は高いです。

 

まとめ

 

育毛剤を使って頭皮マッサージを加えながら頭皮ケアも有効です。

 

でもそれだけでは頭頂部の薄毛は改善されないため上記のことも含めトータル的にケアしていく必要があります。